ニューススクラップ>建築ニュース 戻る

2019年10月25日 建築_ース 国交省/建築BIM一貫活用へ指針素案提示
  日刊建設工業新聞
国交省/建築BIM一貫活用へ指針素案提示

 国土交通省は、BIMを建築生産・維持管理システムで一貫して活用するため、指針を策定 する。指針ではBIMモデルの作成の方向性を明示。システムの段階毎に関係者の役割分担や BIM詳細度の要求水準などを整理したワークフローを固める。国際標準・基準にも照らしながら、 日本の現場実態に適した共通ルールを打ち出していく。年度内の原案策定を目指す。
 「BIM標準ガイドライン」は@概要(目的、BIMモデルの作成、ワークフローの標準化、 必要な情報の流れとメリット)ABIMワークフローB成果物Cワfメント別のモデリングガイト? DBIM実行計画の5項目で構成する。
 BIMは形状(3Dデメ\)と情報(属性デメ\)から成る。いずれのデメ\量も竣工まで後工程に なるほど増えていくが、維持管理段階では建物の日常的な管理や改修時に必要な情報だけ 絞り込む。そのため、設計、施工、維持管理で共通で求める「基本情報」を設定。設計段階 から維持管理・運営に考慮し、作業工程を前倒しするフロントローディングの実現を目指す。
 発注者にとってのBIMのメリットも紹介。BIMを活用し続けることでデメ\ベースを構築でき、 他のプ開゙ェクトの計画立案やプ開゙ェクト管理に有効活用できるとした。

このような記事がありましたので、ご紹介します。

参考記事
https://www.decn.co.jp/?p=110141




色情三级毛片_老熟妇乱子伦牲交视频_男女激情边摸边做边吃_亚洲一本大道综合视频_10分钟免费观看视频